ドア交換も任せられる!鍵屋に相談して安心性の高いドアへ

今後に備えてドアを丸ごと交換する

穴の開いた室内ドアを、修理ではなくドアごと交換する、というやり方ももちろんアリです。リフォームを兼ねて思い切って行なっても良いかも知れません。ドア交換の相場は、4~10万円くらいです。交換方法もドア枠ごと、ドアのみ、引き戸交換や内開きから外開きへの変更など、たくさんの選択肢があります。

主なドアの交換方法

玄関や勝手口などの外ドアと同じくらい大切なのが室内ドアです。室内ドアの交換方法にはいくつか種類があるので、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

枠ごとドアの交換を行なう
建具には必ず枠が付いており、分かりやすく色が変えてあったりします。長く使っているドアを新しいデザインのものに変えたいという場合は、枠ごと変えることで部屋全体の雰囲気を変えることができます。使われている枠によってはドアの高さを変えることもできます。
ドアの建具本体のみ交換する
建具本体だけを取り換えることの利点は、費用を安く抑えられるという点です。ただ、枠だけが古い状態だと見た目に違和感が出てしまうので、予算があれば両方交換することをおすすめします。

このように、ドア交換にはいろいろなやり方、そしてメリットがあります。ドアの機能と共に室内のデザイン性を高めることもできるので、工夫次第では生活感や環境を良い報告に大きく変えることができるかもしれません。

中身の詰まった木製タイプにドア交換

ドアは家や部屋の顔となる場所です。ただ、外と中を区切るものでもあるので、見た目だけでなくしっかりした素材と機能性を持ったものを選ぶべき必要性があります。素材だと、無垢材を使ったドアがおすすめです。密度が高く、穴も空きづらいほどの丈夫さを持っています。ステンドグラスを強化ガラスでサンドして真鍮のフレームに取り付けた豪華な木製ドアは、デザインにこだわりたい方に向いているかもしれません。一般的な室内ドアはフラッシュドアと呼ばれるタイプで、丈夫さや耐久性はあまり高い方ではありません。丈夫さにこだわりたいのであれば、やはり中身の詰まった木製タイプが良いかもしれません。

TOPボタン